黒汁メインビジュアル
スマホ用黒汁メインビジュアル

HOME | 黒汁はファスティングドリンクにもなる? ≫ 

黒汁を使ったファスティングの流れ

そもそも、ファスティングとは?

ファスティング

中からキレイにしたい人に人気が高く、美容と健康に良いとしてファスティングが注目を集めています。
 
しかし、名称だけは聞いたことがあっても、内容ややり方はよくわからず、そもそも、ファスティングがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
 
簡単にファスティングがどういうものかを説明すると、これは断食を行うという意味です。
 
ただし、断食といっても完全に飲食を断つのではなく、一般的な料理は食べないものの水分と最低限の栄養は補給します。
 
このファスティング期間の栄養補給には黒汁を飲むのがおすすめです。
 
黒汁は、炭のくっつきパワーに着目して開発されたダイエッターライフサポートドリンクです。
 
ヤシ殻活性炭、赤松炭、もみ殻由来の炭粉という3種類の炭を配合しているのが最大の特徴で、炭のくっつきパワーを利用して体内の余分なモノのスムーズに外へポイしてくれます。
 
黒汁が優れているのは単に炭が配合されているだけでなく、2種類の乳酸菌、9種類の黒成分、そして250種類にも及ぶ果物発酵エキスが配合されていること。
 
黒成分とは黒ジャバラや黒すぐり、黒酢などの黒い食物由来の成分のことで、ポリフェノールやアミノ酸などが体内に働きかけて綺麗にしてくれます。
 
黒汁は中からキレイが得られる炭だけでなく、豊富な栄養素も含まれているため、ファスティング中の栄養補給に良いのです。

ファスティング前には準備期が必要

ファスティング 準備期

まずは本格的なファスティングの前に3日間かけて徐々に摂取物を減らして体を慣れさせます。
 
そして、
ファスティング期は黒汁と水のみで過ごし、ファスティング期が終わったら復食期に入り少しずつ食べるようにするというのが大まかな流れとなります。
 

ファスティング前の準備期は?

ファスティング 準備期

では、具体的にどうやって黒汁をとりいれたファスティングを行っていけばよいかをご紹介します。
 
まず重要なのが、いきなり食べる量を減らすのではなく、準備期間を設けるということです。
 

  • 徐々にファスティングしやすい身体に仕上げるのが準備期
ファスティング 空腹

ここでしっかり体を慣らしていかなければ、ファスティング期間中にひどい空腹を感じるようになり、途中で断念したりファスティングに入る前以上に食べてしまったりして失敗する元となります。
 
準備期を怠るとファスティング期に頭痛やふらつきが起こりやすくなることもありますので、面倒に感じてもしっかり準備期間をとって体を整えましょう。
 
準備期間をしっかりと取ってうまく身体を整えることができれば、ファスティング中でも過度の空腹を感じることなく、スムーズに過ごすことができます。
 

  • ファスティングをうまく行うポイント
ファスティング お粥

上手く行うポイントは、準備期に肉や魚などを控え、消化に良いお粥やスープ類で3日間過ごすということと、準備期にも黒汁は朝1回飲んでおこうということの2つです。
 
準備期間は、本番のファスティングを行う3日前から行うのがおすすめです。
 
普段食べる量が多い人、糖質や脂質の多いものばかり食べている人などは1週間ほどとって少しずつ体を慣らしていくのも良いでしょう。
 
この期間に食べる食事のキーワードは、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」と呼ばれるもの。
 
これは摂ると良い食品群の頭文字を組み合わせたもので、それぞれ、豆類、ゴマやナッツ類、わかめなどの海藻類、野菜や果物、魚(小型の青背魚)、シイタケなどのキノコ類、芋類になります。
 
準備期間中はこれらを組み合わせた内容の食事を腹7分目程度とるようにします。
 
お腹いっぱいになるまで食べることはせず、量は少しずつ減らしていくようにしましょう。また、水分は十分とるようにします。
黒汁は朝起きた時や朝食に飲むようにします。
 
準備期間中は、お酒やお菓子、タバコなどの嗜好品、肉類や牛乳などの乳製品などは控えましょう。
 

黒汁を使ったファスティングとは

ファステイグ期

準備期間が終われば、ファスティング期に移行します。
 

ファスティング期の目安は3日~6日間

ファスティング期 期間

いきなり6日のファスティングが難しい、厳しいという人は、3日から始めても構いません。
 
ファスティングを行うのは1回限りではなく、間を空けて定期的にやることが望ましいです。
 
3日間のファスティングに慣れてきたら、5日間に挑戦するなど、少しずつ日数を伸ばしていくといいでしょう。
 
ただし、7日間以上のファスティングは、身体への負担が大きいためおすすめできません。
 
黒汁ファスティングは3日間で2~3キロの減量が期待できると言われています。
 
また、6日間のファスティングは減量と内側からキレイサポートが期待できるでしょう。
 

ファスティング期に行うこと

黒汁ファスティング

では、黒汁ファスティングはどのように行うべきでしょうか。
 
ファスティング期間は、基本的に黒汁と水分の摂取のみで過ごす期間です。
 
この期間中は食べ物を咀嚼することは基本的にありません。
 
ファスティング期間中に抑えるべき点は主に2つ

・黒汁を3袋分、2リットルのミネラルウォーターのペットボトルに混ぜて1日で飲むということ
・水分は多めに摂取しておこうということ

以上です。
 
ファスティング期間中は食品から水分を摂取することがありません。
 
また、体内に水を溜め込もうとする力も低下しています。
 
そのため、意識的に水分をとる必要があるのです。
 
なお、ファスティング期間中に飲む水や黒汁を溶かす水は、良質なものを選ぶようにしてください。
 
塩素などが残留している水道水はあまりよくありません。
 
市販のミネラルウォーターも、硬水や炭酸水は胃に負担をかけますので適切とは言えません。国産の天然水など軟水がおすすめです。
 
ファスティング中は、準備期間にしっかり体を慣らしていても空腹を感じることがあります。
 
黒汁は1度に飲むのではなく、小分けにして1日に何度も飲みますので、空腹を感じるときに飲むことで気を紛らわすことができるでしょう。
 
それでも耐えがたい空腹を感じるようであれば、温かい具なしの味噌汁を少しだけ飲んでみるのがおすすめです。
 

  • ファスティング期の過ごし方
ファスティング期 過ごし方

ファスティング期間中に下痢や腹痛が起こることがありますが、これは排出が進んでいる証拠で、中からキレイになっているということですので心配することはありません。
 
ファスティングをしていても仕事や家事などの日常生活は通常通り行えます。
 
ただし、激しいスポーツや運動はおすすめできません。
 
体を動かすのであれば、ウォーキングなどの緩やかな有酸素運動が向いています。
 
ファスティングによるダイエットや中からキレイを高める作用が期待できます。
 

復食期はどう過ごす?

復食期(回復期)もとても大事な時期です

復食期 期間

復食期(回復期)は、実はファスティングが成功するかどうかを決めるもっとも大事な期間といえます。
 
ファスティングが済んだ気の緩みからここでいきなりたくさん食べるとリバウンドしやすいため、注意しましょう。
 
体は栄養を吸収しやすい状態になっていますので、いきなりがつがつ大量に食べてしまうと、ファスティングでせっかく落とした体重が一気に戻る可能性もあります。
 
また、胃腸に負担がかかり不調を起こす恐れもあります。最後まで気を引き締めて行いましょう。
 

  • 復食期(回復期)は基本的に準備期と同じ過ごし方
復食期

復食期は、準備期同様、消化に良いものを摂取し、肉類は口にしないのが基本です。
 
また、3日~6日間ファスティングをしたら復食期は最低でも3日間の復食期を設けましょう。
 
この期間は、徐々にいつもどおりの食事に戻すことが基本となります。
 
復食期に入ったら1日目から3食に戻しますが、1日目の朝は具なしの味噌汁、昼と夜は柔らかいお粥と具なし味噌汁、2日目の朝は具なし味噌汁、昼は野菜の汁物や煮物とお粥といったように、軽いものから進めていきます。
 
このとき、黒汁は朝1回、または夜1回飲んでおこうというのも大切なポイントです。
 
なお、最初の3日程度の期間は、お茶は構いませんが、コーヒーや紅茶などは避けるようにしてください。
 
また、復食期を通して、スパイスや唐辛子の効いた料理やラーメン、焼肉といった濃い料理も食べないようにします。
 
休んでいた胃に急に刺激の強いものが入ることで大きな負担を与えてしまい、胃痛や腹痛、吐き気などが起こる可能性があります。
 
お酒やお菓子などの嗜好品も良くありません。
 
刺激を与え、気分が悪くなる可能性があります。
 
準備期間、ファスティング期間をがんばって過ごしてきたのですから、あともう少しがんばりましょう。
 
うまくいくと、体重の減少だけでなく、より内側からの美容サポート力が向上したり、さらに調子が整ったりして、健康面でもプラスになります。
 

黒汁ファスティングのまとめ

ファスティングは一気に減量したり、溜まったものを排出したいあなたにおすすめの方法です。

 
ファスティング デトックス

単純に食べ物を制限するという乱暴なやり方ではなく、きちんと体を慣らす準備期間を設け、ファスティング中も身体に必要な栄養と水分は取り、ゆっくり回復していくものですので、うまくいけば美容だけでなく健康面でも効果が得られるでしょう。
 
黒汁のファスティングをまとめると、ダイエットや内側からのキレイサポートのほか、腸内環境正常化があります。
 
腸内には身体に良い影響を与える善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌、そのとき優勢な方につく日和見菌の3種類がいることは知っている人も多いでしょう。
 
悪玉菌は肉類や糖類をエサにして増殖します。
 
ファスティング中は、こういった悪玉菌のエサとなる食物は摂取せず、善玉菌が増える乳酸菌や発酵エキス黒汁から摂ることができますので、腸内環境を良好な状態に整えることができるのです。
 
腸内環境が良くなれば健康になるだけでなく、嬉しい美容サポートにも結びつきます。
 
これまでなんとなく甘い物や脂っこい物をだらだら食べていたという人も、一度ファスティングを経験すると食生活への意識が変わり、健康的な食事を意識するようになります。
 
毎日の食事が身体を作りますので、これは大きなメリットといえるでしょう。
 

黒汁でファスティングする際には注意点もあります。

ファスティング 注意

このようにメリットの多いファスティングですが、身体に対してまったく負担の無い方法ではありませんので、持病を持っている方はファスティング前に医師に相談しようということは心がけてください。
 
また、妊娠中や授乳中の方も避けましょう。
 
生理中に行うのは問題はありませんが、個々でよく体調を見極めて行うことが大切です。
 
なお、ファスティングを行う場合、黒汁は使う量が多くなるので1か月分のラクトクコースの場合は数が足りなくなるので注意が必要です。
 
ラクトクコース以外に単品で購入するか、複数個のセットコースを購入するかしましょう。
 
※こちらで紹介したファスティング方法については自己責任で行なってください。

今なら初回1,960円
KUROJIRU公式サイトKUROJIRU公式サイト