黒汁メインビジュアル
スマホ用黒汁メインビジュアル

HOME | 黒汁で副作用の可能性は? ≫ 

黒汁には副作用がある?口にして大丈夫?

結論からすると活性炭自体には副作用のリスクはない?

副作用はない?

吸着パワーで他のサプリの働きが落ちたり、一気飲みで消化不良を起こす可能性はあるものの、活性炭自体には副作用のリスクがないとされています。
 
基本的に飲み方に気をつければ問題ありませんから、活性炭に対して強い不安を抱いたり、リスクが高いのではと疑う必要は皆無です。
 
活性炭自体は安定している物質で、口に入れても消化吸収されずにそのまま排出されます。
 
口に入れたときと、出てきた際に異なる点があるとしたら、それは活性炭に吸着した物質がついているか否かです。
 
他に炭の働きはないので、黒汁に含まれる活性炭は、飲み方を守る限りは問題がないということです。
 
万が一粉末状を吸い込んでも問題ありませんし、子供が口に入れても害はないことが認められています。
 

黒汁を一気に飲みすぎると、カラダに負担をかける可能性があります

一気に飲み過ぎてはいけない

深刻なリスクがなく、飲み合わせに気をつける程度でよい黒汁も、一気に飲みすぎれば問題が生じます。
 
しかし、これらは推奨量を超えて一度に飲んだケースの問題ですから、推奨量を守って少しずつ飲む分には問題がほとんどないとされています。
 
黒汁には推奨量や理想的な飲み方がありますから、その目安を参考に飲むのがよいでしょう。
 

吸着パワーがあるので、リスクを考えるなら他のサプリや薬と一緒に飲まないようにしよう

 
他のサプリと一緒に黒汁を飲まない

炭には様々な物質を吸着する作用がありますから、大切な成分の吸着や排出を避ける意味で、他のサプリや薬との併用は避けるのが無難です。
 
余分な成分だけの吸着に期待するには、このように摂り方に注意して摂取する必要があります。
 
それだけ炭の吸着性能は高く、何でも捉えて排出を助ける働きが備わっているといえるでしょう。
 
基本的に考えられるリスクは、この強力さ故に懸念される吸着程度ですから、あまり心配する必要はないです。
 
少なくとも黒汁には炭以外の成分も含まれているので、それほど深刻に考えなくてもよいことがわかります。
 

できればサプリを飲むときは黒汁を飲んで2時間ほど間を空けるのがベター

他のサプリは2時間空けてから飲もう

黒汁は、不要な物質を吸着しますから、他のサプリを飲む場合は時間を空けるのが基本です。
 
目安は、摂取した黒汁が殆ど出口に近づいている 2 時間後で、これだけの間隔を空けておけば、不安や懸念されるような副作用はまず起こらないでしょう。
 
あらゆる健康面を想定しても、2時間を空けてサプリを摂るのがベターだといえます。
 
同時に飲めないこともありませんが、不必要にリスクを高めてしまうので、こういった感じで間隔を空けるのがおすすめです。
 
2時間も待てないというときでも、落ち着いた頃を見計らって飲むのが、最低限は守りたい飲み方のルールとなります。
 

黒汁を飲む際は水で飲むのが一番安全。普段から多めに水分補給することも大切。

普段から水分補給

飲み合わせで相手に影響を与えてしまう黒汁は、影響を避ける為に水で飲むのが一番安全です。
 
また体の調子を良好の保つ意味でも、普段から少し多めの水分補給を心掛けることをおすすめします。
 
水は薬でも飲み合わせに影響しない飲み物で、ジュースやお茶などよりも強く推奨されています。
 
水分は体機能の維持に不可欠ですから、不足しがちな水を意識的に摂るのは人間にとっての基本原則ですし、不足がひと度起きればその方が問題です。
 
食事でも摂取できるので、頻繁に飲む必要はありませんが、喉が渇く前にこまめに飲むのことは重要です。

黒汁の炭以外の成分には副作用がある?

黒ハチミツが配合されているのでお子様の口に入れないように注意

お子様の口には入れない

黒ハチミツは小さなお子様にはよくありませんから、赤ちゃんなどがいる家庭では、黒汁の摂取や取り扱いに注意が求められます。
 
1 歳未満のハチミツ摂取は、乳児ボツリヌス菌の発症要因になるので、厚生労働省でも与えないように注意しています。
 
ハチミツは子供にとってリスクの高い食品ですから、良質な黒ハチミツが配合されているといっても、黒汁は口に入れないように気をつけましょう。
 
親の真似をして口にしないとも限らないので、お子様の前では届かないところに保管するのがベストです。
 
1 歳を超えたとしても、ボツリヌス菌のリスクは少なからずありますから、十分に発達するするまでは控えるのが賢明です。
 

にんにくやしょうがなどアレルギーの可能性がある成分には注意が必要

にんにく

にんにくやしょうがは、日本人にとって身近な食材ですが、実は意外にアレルギーの恐れがあるので要注意です。
 
中には触れるだけでアレルギー症状を発する人もいるので、食べていないから安心と考えるのは早計ですし、触って違和感を覚えたら気をつけることが大切です。
 
食材を触ったり料理をするだけで肌が荒れるならば、にんにくやしょうがなどのアレルギーを疑って、距離を置いたり検査を先に済ませる必要があるでしょう。
 
触れる場合の症状は限定的ですが、摂取するとなるとリスクが高まるので、思い当たる節があって軽視するのは禁物ですが、確率自体は低いので過剰な心配は不要です。
 

250種類の果物成分の中にもアレルギー物質があることも

アレルギー物質

果物もアレルギーの原因物質になり得るので、 250 種類の果物成分を配合する黒汁は、その分アレルギーに遭遇するリスクがあることを意味します。
 
全く問題を感じない人も少なくありませんし、誰もが症状を自覚できるとは限らないので、検査をしたり摂取して試さなければ発覚しないこともあります。
 
また、 250 種類も果物成分が含まれているからアレルギーになる、これは間違った認識であって誤解です。
 
仮に摂取してアレルギー反応が発生した場合は、元々隠れていた問題が表面に現れただけなので、アレルギー物質は症状を引き起こす切っ掛けにすぎないです。
 
それでも、摂取を引き金に症状が出るケースもありますから、症状が心配なら摂取を控えて先に調べた方がよいでしょう。
 
今までがアレルギーと無縁で、 250 種類の果物成分で症状が引き起こされるなら、それはアレルギーに気がつく切っ掛けになると考えられます。

アレルギーには即時型と遅延型があり、遅延型アレルギーは調べないとわからない

アレルギーは調べないとわからない

アレルギーは、原因物質が触れても即症状が出るとは限らず、遅延型については調べなければわからないです。
 
即時型と遅延型の主な違いは発症までの時間で、前者の即時型は食物アレルギーの主要なタイプです。
 
こちらは 2 時間以内にアレルギー反応を起こすのが特徴で、早ければもっと短時間で即座に症状が発生することもあります。
 
一方の遅延型は時間差が生じるタイプで、症状が現れるまでに数時間の間があります。
 
遅延型は簡易的に調べるのは難しいですから、専門的にチェックして確かめることが不可欠となるでしょう。
 
詳しく調べられれば安心ですし、不安を感じずに黒汁の摂取が行えるようになるので、少しでもアレルギーの疑念を感じたらアレルギー検査が先決です。
 

  • もし、遅延型アレルギーを調べるならアンブロシアの遅延型アレルギーキットがおすすめ
アンブロシアのフードアレルギー検査キット

遅延型アレルギーの疑いがある場合は、アレルギーチェックを提供するアンブロシアのアレルギーキットがおすすめできます。
 
このアレルギーキットは、いくつも用意されている検査キットの内の一種で、隠れたアレルギーを確認するのに特化しています。
 
検査方法は少量の血液を採取する血液検査で、よく口にする食材を対象としたチェックが行えます。
 
チェックしたい本人が安全に血液を採取して、検体を郵送で発送した後に、数日後結果が送り届けられる流れとなっています。
 
自宅で簡単に遅延型アレルギーが調べられますから、黒汁の炭以外の成分が気になるのであれば、アンブロシアのキットが期待に応えてくれるでしょう。
 
チェック方法は簡単でハードルが低く、金額的にも手頃で受けやすいので、気になったらこのようなキットが狙い目となります。
 

黒汁の副作用についてのまとめ

アレルギーに関しては調べてみないとわからないがリスクを気にしすぎる必要はない

気にしすぎても始まらない

黒汁の主成分は活性炭で、これは消化も吸収もされない副作用の心配が少ない物質です。
 
追加配合の 250 種類の果実成分には、多少なりともアレルギーリスクはありますが、正確なことはアレルギーチェックをしないとわからないものです。
 
元々アレルギーが発覚していたり、摂取でアレルギー症状が現れるなら、黒汁の摂取は避けた方が賢明でしょう。
 
ただリスクはあまり大きくありませんし、気にしすぎるほどでもないといえます。
 

おなかがゆるくなったり、腹持ちが悪いという情報はある

おなかがゆるくなる、あるいは腹持ちが悪くなるといった情報は少なからず存在しています。
 
これは飲み方や相性によるもので、誰もがそうなるとは限りませんし、起こっても気にせずに済む場合もあります。
 
おなかのゆるさは過剰摂取が主な原因ですから、推奨量を守って摂取して様子を見るのが一番です。
 
腹持ちの方は腹との相性によりますし、人によって感じ方も違うので、実際に試して許容できるか確認することが必要です。
 

  • 1~2か月では黒汁の効果を実感しにくい

4か月の継続で沢山の人が実感している黒汁ですが、1か月から2か月程度では実感しにくいといえるでしょう。
 
その理由は即効性ではなく、継続によって結果が出てくることと、主成分の活性炭の性質によるものです。
 
直ぐに結果は実感できないかもしれませんが、代わりに急激に変化をもたらすような副作用の心配が小さく、長く続けられる安心感があります。
 
長く続けてこそ変化が得られる黒汁ですから12か月で効果が実感しにくいのは普通です。

  • 93.4%の方が4か月の継続で黒汁の効果を実感している
4か月の継続で93.4%の方が実感

黒汁は約 93% の方に、結果を実感して認められている実績があるサプリです。
 
副作用やアレルギーが懸念されるわりには、多くの人が継続して黒汁らしい結果を感じ取っているわけです。
 
摂取の条件は 4 か月間の継続で、推奨量を毎日欠かさず飲み続けた結果がこの数字です。
 
実感のしかたは人によりますが、サイズや重量にスタイルなど、気になるポイントに変化が生じています。
 
結論は何を飲んでも副作用やアレルギーのリスクは大なり小なりあるものなので、わかりきったアレルギー物質でないかぎりは試してみる価値のある商品だといえるでしょう。

今なら初回1,960円
KUROJIRU公式サイトKUROJIRU公式サイト