黒汁メインビジュアル
スマホ用黒汁メインビジュアル

HOME | 黒汁は水で飲むのがおすすめ? ≫ 

黒汁を水で飲むが一番いい理由とは?

黒汁の豊富な成分をしっかりと吸収するには水が一番

黒汁 水

主成分の炭自体は吸収されないものの、一緒に配合されている他の豊富な成分は体内に入るので、吸収しやすい飲み物で摂ることが重要です。
 
水は体に馴染みがよく吸収されやすいので、他のサプリや薬の摂取でも基本的には水が推奨されています。
 
体にとって抵抗感がありませんし、水の馴染みやすさに乗って成分が吸収されますから、黒汁の豊富な成分を余すことなく摂りたいのであれば水が理想的です。
 
水だと冷やしたり温めるといった工夫の余地がありますし、常温でも飲めるので飲み方の幅が広がります。
 
飲みやすく調子やいいと感じられる温度が試行錯誤できるので、その人にあった最適な飲み方と、最善の成分吸収を実現することが可能です。
 
豊富な成分は、余すことなく摂取してこそ真価を発揮しますから、阻害せず吸収率にも期待できる水がベストです。
 

  • レシピもあるけど、作るのは正直おっくう
レシピ 黒汁

黒汁の飲みやすさを追求したレシピはいくつもありますが、実際に作るとなると正直なところ案外おっくうなものです。
 
材料を用意する手間がありますし、ゴミが増えたり後片づけも必要になりますから、多くの場合は1、2回試して結局は普通の飲み方に落ち着く傾向です。
 
レシピ通りに作った黒汁はすぐに飲むことも必要で、冷蔵保存も可能ではありますが、あまり長持ちしないのが本当のところです。
 
黒汁は、元々作ってすぐ飲むように設計された商品ですから、レシピに従って大量に作ったり、作り置きするようなものではないといえます。
 
むしろ作りたてがシンプルに味わえるのが黒汁のよさなので、あれこれと工夫しなくても十分に美味しく続けることができます。
 
つまり、飲み物の相性やレシピで作るおっくうさを考慮すると、水で飲むのが最も手間がかからない無難な方法だという結論に落ち着きます。
 

  • コーヒーやお茶と飲むのはまずくて飲めないのでNG
コーヒー お茶 黒汁 相性

コーヒーやお茶などの飲み物との相性はいまいち、人によってはまずくて飲めないと感じられるので、これらは避けた方がいい飲み物の筆頭です。
 
理由は黒汁自体に味があること、そしてコーヒーの苦味やお茶の渋味などとぶつかってしまう2点ですから、これらの相性がよくないのは当然です。
 
何にでも混ぜて美味しく飲めるのは理想的ですが、炭という主成分の味が避けられないので、飲み物の選び方と組み合わせで工夫する必要があります。
 
水で飲むと黒汁そのものの味がしますし、香ばしさと甘みが特徴にありますから、この方向の味に合う飲み物を見つけることが先決となるでしょう。
 
甘みで相性のよい豆乳は悪くない組み合わせですし、公式では水と共に牛乳も推奨されているので、飲むヨーグルトを含めたミルクや乳製品系が合うと考えられます。
 
コーヒーだと豆の味と黒汁の炭の味がぶつかってしまい、お茶も苦味が影響してよさが薄れてしまいがちです。
 

  • 粉末のまま口に入れるとむせてしまうので水に混ぜよう
黒汁 混ぜる

黒汁はスティックで気軽に摂取できますが、粉末状なのでそのまま口に入れるとむせてしまいますし、飲みにくいので飲み物に混ぜるのが一般的です。
 
むせてしまうと飛び散りますし、折角の成分が無駄になってしまうので、むせずに済む方法で飲むことが大切です。
 
黒汁では水に混ぜて飲むのが基本で、体内における作用を考慮しても、これが一番いい飲み方だとされています。
 
その理由は体内での影響にあって、水以外の飲み物で飲むと成分の作用を阻害したり、逆に作用を強めてしまう恐れがあります。
 
何より水なら本来の味が楽しめますから、飲みやすさの点でも水が一番いい組み合わせとなっているわけです。
 
黒糖や玄米の味が黒汁本来の風味なので、水に混ぜればむせることなくじっくりと本当のよさが味わえます。
 

  • ミネラルウォーターをまとめ買いするのがお得
ミネラルウォーター

入手性がよく何時でも黒汁が飲みやすい水は、時間や場所を気にせず気軽に摂取できるのが魅力で、ミネラルウォーターならベストなパートナーです。
 
ミネラルウォーターは高軟水含めて種類が多く、容量別にも細かく分けられていますから、持ち運んだり持ちやすい商品が自由に選べます。
 
またまとめ買いでお得に購入できるので、黒汁用に箱買いをするとコストを気にせず、好きなタイミングで自由に飲めるようになるでしょう。
 
水道水でも摂取は可能ですが、美味しさや成分吸収の観点ではミネラルウォーターが理想的なので、なるべく良質な水を選んで購入することをおすすめします。
 
ミネラルウォーターなら何時でも新鮮な水が飲めますし、何処でも手軽に黒汁と一緒に取り出して、すぐその場で摂取が行えるようになります。
 
可能なら粉末のまま飲んでしまいたい、そういったズボラな人でも無理なく飲むことができて、継続も行える方法になるのがこのミネラルウォーターです。
 
黒汁の真価を引き出すためには、十分な水分摂取も大切なポイントですから、ミネラルウォーターをまとめ買いしておくのは合理的です。
 

水をまとめ買いするならこのサイト

  • Amazonや楽天でもいいけど、個人的にQoo10がおすすめ
 
水 まとめ買い 通販

手軽さを求めるとAmazonや楽天に行き着きますが、狙い目はお得商品が販売されているQoo10となります。
 
Qoo10は様々な商品を大量に取り扱っている通販サイトで、ミネラルウォーターの販売も積極的に行っています。
 
更に商品価格の安さもQoo10の魅力ですし、クリスタルガイザーの販売価格は最安値と言っても過言ではないほどにお得です。
 
使い勝手は大手の通販サイトと違わないので、インターネット通販が使いなれている人なら、初めて利用する場合であっても安心です。
 
健康のために継続となると、その継続で必要になるコストが影響してくるので、少しでもお得に買えるQoo10が魅力的です。

  • クリスタルガイザーの500mlを1ケース2,000円ほど注文できる
ミネラルウォーター 1ケース

クリスタルガイザーはミネラルウォーターの定番で、低コストで購入できるのが人気の理由です。
 
味は日本人にも飲みやすい傾向ですし、黒汁との相性も優れているので魅力的なミネラルウォーターです。
 
500mlタイプなら1ケース2千円ほどで販売されていますから、まとめ買いをするのに向いている商品だといえるでしょう。
 
大容量タイプだともっとお得に注文できますが、持ちやすさと容器の処分のしやすさを考えると、500mlが理想的な選択肢になります。
 
500mlが48本入りでこの価格ですから、クリスタルガイザーのお得感は数あるミネラルウォーターの中でも圧倒的です。 
 

黒汁を飲むときは水分を多めに摂っておくのがよい

水分摂取 理想

黒汁を飲むときには、水分を多めに摂取するつもりで飲むのが理想的だといえます。
 
水分不足は体の機能を低下させてしまいますし、黒汁のよさが十分に行き渡りにくくなるので、水分量に気をつける必要があるわけです。
 
水に混ぜて飲むのが黒汁の飲み方ですから、少量に混ぜて飲んでしまうよりも、多めの水で少しずつ体に染み込ませるように摂取するのがポイントとなります。
 
リットル単位で大量に飲まない限りは、少し多く水を飲んでも問題はありませんし、反対に多めを心がけることで健康が維持できます。
 
細胞の働きや、胃腸の機能に影響を与えるのがこの水分ですから、何時でも不足に備えて飲むようにすることをおすすめします。
 

黒汁とクリスタルガイザーはセットで購入しよう

黒汁 クリスタルガイザー セット

黒汁はクリスタルガイザーとの相性が認められていますから、注文の際にはセットで購入するのがおすすめです。
 
どちらもインターネット通販で注文できるので、黒汁の入手性を気にすることなく、また重たいミネラルウォーターの購入も気軽に行えます。
 
他のミネラルウォーターでも黒汁に合いますが、クリスタルガイザーよりもお得な商品は中々ありませんし、探すとなると大変なのでこの組み合わせが最適です。
 
これから黒汁を始める人にとって、低コストで続けやすいセットですから、おすすめセットとして推奨されることも珍しくないです。
 

  • でも外では水に混ぜた黒汁を飲むのはやめておきましょう
外出先 黒汁

水で気軽に飲めるのが黒汁のよさですが、ミネラルウォーターを持ち歩けるとはいっても、外出先で黒汁を混ぜて飲むのはやめた方がよいでしょう。
 
黒汁を混ぜた水は、一見するとコーヒーに見えなくもありませんが、ラベルは水なので何を飲んでいるのかと不思議がられてしまいます。
 
ラベルを剥がして飲む方法もありますが、それだと余計に怪しい飲み物に見えてしまうので要注意です。
 
実際は、黒汁とコーヒーとの見た目はかなり別物です。
 
余計な誤解を受けたり、飲み物の選び方の印象が悪くなる恐れがあるので、外で水に混ぜた黒汁を飲むのはやめるのが懸命です。
 
飲食店で黒汁を取り出してグラスの水に混ぜて飲むのも、周りの目やイメージの点から避けるのが無難となっています。