黒汁メインビジュアル
スマホ用黒汁メインビジュアル

HOME | 黒汁と同時にプロテインは飲まない方がいい? ≫ 

黒汁と一緒にプロテインはNG?

黒汁 飲み合わせ

最近口コミで人気が広がっている黒汁ですが、利用する際には飲み合わせについても確認しておきたいところです。
 
万が一他の栄養素を打ち消してしまうようなことがあれば、取り入れ方を変えなければなりません。
 

黒汁のブラッククレンズ効果で他の栄養素もクレンズされてしまう?

ブラッククレンズ 栄養素

ダイエットをする際にはプロテインを取り入れる人が多いのですが、プロテインを一緒に飲んでも期待するような結果が得られない可能性が高いといえます。
 
なぜなら、黒汁には強力な吸着パワーを持つ炭が含まれていて体内の余分なものをどんどん排出させていくからです。
 
プロテイン自体は筋肉を育てるために重要なものではありますが、普段と比べると明らかに吸収率が下がっていますので、いつも通りの結果が得られると考えるのは間違いです。
 
炭の吸着パワーは実際にかなり優れていますので、普段ついつい食べ過ぎてしまう人にオススメです。
 
それほどの成分力を持つ商品なのに、プロテインだけに反応しないというのは不自然な話ですので、やはり飲み合わせは一度考えなければなりません。

黒汁を飲む際はプロテインやサプリメントの摂取はしない

プロテイン

美容や健康のためにプロテインやサプリメントを取り入れている人は大勢いますが、黒汁の吸着力は非常に優れていますので、一緒に摂取しない方が無難です。
 
摂取しても栄養素をきちんと吸収することができませんのであまり意味がありません。
 
もし飲むとしたら時間をあけるのがベストであり、短時間のうちの両方を摂取することは避けなければなりません。
 

  • せめて2~3時間ほど空けてから飲もう
プロテイン 黒汁 タイミング

プロテインを習慣的に飲んでいる人はタイミングを考える必要があります。
 
黒汁を飲んでから少し時間を空けなければなりませんので、23時間の間隔を目安にします。
 
このタイミングが非常に重要であり、上手く取り入れればプロテインの力も得られますので、クレンズ作用の受けにくい時間帯を考えながら取り入れることがとても重要です。
 

筋トレ前に黒汁を飲むと途中でバテやすい?

筋トレ前 黒汁

黒汁を事前に飲んでからいつも通り筋トレを行おうとしたら、途中でバテてしまったという経験をしている人は意外と多いようです。
 
これは黒汁のクレンズによるものであり、内側からスッキリして余分なものがスムーズに排出されますので、エネルギー量も減っていることが予測されます。
 
筋トレ前にプロテインのような感覚で飲むものではなく置き換えダイエットに適している商品ですので、飲み方を間違えないようにしましょう。
 
筋トレ前に飲んだからといって燃焼効率がアップするわけではなく、普段の食事のかわりにするだけでダイエッターのライフサポートが期待できるものですので、使い方を誤ると体の調子が悪くなったと勘違いしてしまいます。
 
実際にバテていると感じるのは当然のことであり、普段よりもクレンズが効いて体内には余分なものが無い状態になっていますので、これがダイエッターサポートと理解すべきです。
 

  • 経験上、朝に黒汁を飲んでジムに行くと、途中で疲れてしまったことも‥
黒汁 ジム 疲労

置き換えダイエットをすると短期間で結果を実感できますが、朝黒汁を飲んでからジムに行くと、いつもより早い段階で疲れてしまったという人も多いようです。
 
朝はこれから活動をするためのエネルギーが必要になりますのでたくさん食べた方が良いと言われていますが、黒汁は逆に余分なものをどんどん排出していきますので、疲れやすくなったと感じることがあります。
 
置き換えをするのなら一日の始まりである朝ではなくて夜の方がおすすめであり、寝ている時には人の体は省エネモードに入りますので少ないエネルギーであっても無理がありません。
 

筋トレする人は黒汁やプロテインをいつ飲む?

黒汁 プロテイン

筋トレをしている人はプロテインとの併用を考えるのですが、黒汁の作用を深く理解するとタイミングが非常に難しいと感じてしまいます。
 
一緒に取り入れたい時にはいくつかのポイントを理解すればどちらの結果も得られますので、そのポイントを確認しましょう。
 

朝に必要な栄養素やたんぱく質を補充し、昼ご飯の時に黒汁を飲んでもOK

朝食 黒汁

どのタイミングで黒汁を取り入れるかは人それぞれですが、一つのパターンとして朝は必要な栄養素やたんぱく質をしっかりと摂るようにして、お昼ご飯を置き換えにするのもOKです。
 
お昼ご飯は朝ご飯との間隔が短いので、それほど大きな影響はありませんし、朝のように一日の栄養を考えながら摂取しなければならないタイミングでもありませんので、お昼のタイミングがもっとも都合が良いというのであれば昼食の時に取り入れても構いません。
 
朝はしっかりと摂取しないと力が出なくてその日の活動に影響を及ぼす恐れがありますので、あまりおすすめできるタイミングではありません。
 

ただし、夜寝る前にもプロテインを飲む人は夕食後3時間は空けておこう

就寝前 プロテイン

プロテインを常用している人は寝る前にも飲むことが多いのですが、夕食を置き換える場合には3時間空けるようにします。
 
すぐに飲んでしまうとプロテインの作用が得られませんので、筋トレをしても効率アップを図ることができなくて変化が無いと感じてしまいます。
 
プロテインは筋トレ前に飲むと良いと言われていますが、それが夕食後なら、黒汁の置き換えを行った後3時間が経過してからプロテインを飲んで筋トレを行うという流れがベストです。
 

筋トレ前や後にプロテインを飲む際は避ける

筋トレ前後 黒汁 プロテイン

筋トレが毎日の習慣になっていて決まった時間にプロテインを飲んでいる人は、黒汁を飲むタイミングに気をつけなければなりません。
 
筋トレとプロテインはセットで考えることが多いので、そうすると黒汁は筋トレが始まる3時間前か、終わってしばらくしてから飲むことになります。
 
筋トレを一日に何回もやる人はタイミングが非常に難しくなりますが、正しいタイミングで黒汁を飲まないと思うような結果を実感できませんので、自分なりにスケジュールを立てて気をつけることが大切です。
 

  • 夜、炭水化物を抜いておかず+黒汁でもOK
黒汁 夕食

取り入れやすいタイミングは夜の置き換えです。
 
夜寝ている間は脳も体も機能が低下してエネルギーの消費が少なくなりますので、無理なく取り入れることができます。
 
黒汁だけではお腹が空いてしまうという場合には炭水化物を摂らずにおかずを黒汁を摂取するのもOKです。
 
炭水化物は置き換えの際には避けなければなりませんが、おかずならバランスを考えて摂取すれば問題ありません。
 
ただし、食べ過ぎてしまっては意味がありませんので量を考えることが大切ですし、バランスも重要ですので、メニューをよく考えて摂取することをおすすめします。
 
黒汁とプロテインを一緒に取り入れたい時には、このようにタイミングを考えて摂取することを覚えておきましょう。